2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


虹の橋《作者不詳》
天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


5月19日0時10分、大事な大事なバロンが天国に
旅立ってしまいました。

皆を待っていたかのように。
15日義理の父母、ウチの兄がたまたまこの日来ることになっていた。
次の日の朝方急にせき込み、夜間救急に行こうと思っても丁度時間外。
いつも行っている病院の時間まで待って診察にかかりました。
結果は肺水腫。
その日は一日夕方まで預かってもらい治療。
家に帰ってきてから、強心剤の作用が弱まったのか、尿も出ない。
また呼吸が荒くなったので救急へ。
次の日迎えに行き、またいつもの病院へ預けた。

近年の興奮したら腰砕けになっていたのは心臓によるもの。
心臓が弱ってきたため肺水腫を引き起こしたようです。
既に水が肺に溜まり始めていたらしく、利尿剤と強心剤で一時的に
良くなるも、強心剤を使わないと尿も作り出せないぐらい弱っていました。
でもこれでは心臓に負担がかかる・・・
主治医から「過去に肺水腫になっていなく、急に肺水腫になってしまった
から一気にきたみたいです。今日(18日)の夕方まで持つかわからないので
最期は家族と一緒に居てあげて」と言われた。

家には酸素室も数日前からレンタルしてあった。
すぐに酸素室に入れてあげ、兄と私、ベビで見守っていた。
ダーさんは仕事。早く帰ってくるとはいえ、10時近くにはなる。
間に合うのかな・・・

でも、酸素とバロンの気力でなんとかダーさんに会うことができた。
待っていたんだね。

本当に頑張ってくれました!!
最期まで意識もちゃんとあったみたいで、皆を見つめていました。
瞼を閉じさせても開いたまま。
ずっと皆を見ていたかったんだね。

ありがとうね、バロン。
でもね、ちょっと早いよ、12歳なんて。
日曜まで元気に走り回ってたじゃない・・・。

19日の朝、すぐにお経もあげて貰ってお骨にしてもらいました。
ベビも最近やっと「ワンワン」~『バロン』っていえるように
なったのに残念です。

でもきっと、今頃はばあちゃんとお父さんと会えてるよね?
元気に走り回ってるよね?
パンチ、チビにごあいさつするんだよ?
生まれ変わっても家に来るんだよ。

・・・でもね、残されたこっちは
インターホン鳴ればバロンが飛び出すんじゃないかと思ったり、
帰ってきたら飛びつかれるな、と思ったり、
ベビがご飯落としたら、バロンが食べに来るな、と思って下見たり
寝る時、足元重いなと思って足元見たり、
バロンの可笑しなイビキでダーさんと笑ったり、
そんな普通のことでバロンを探すのが辛くなったよ。
芸なんてひとつもできなかったけど、
誰にでも人懐っこいおとなしいバロン。


まだまだ辛いよ、バロン・・・。

DSCF1945.jpg


スポンサーサイト

同じ恰好して寝ています^^;
DSCF2499.jpg

DSCF2501.jpg

凄い格好ですが、何ともほほえましい^^


今日は連続投稿!!!

今日は我が家のおじいちゃん犬、バロンの誕生日。
相変わらず、ダーさんは遅いのでお先にお祝い^^
1999年3月15日に生を受けてからもう12年。
おっ、歳男だったのかぁw
流石に体はガタが気出したけど、まだ元気に
『散歩』と言えば走り回ってくれる。
年の割にはやっぱり元気なんだと思う!

DSCF2465.jpg
シュー生地のバースデーケーキ。
もちろん犬用。
こういうのも年に一回ならいいよね^^
歳だから普段は控えてるけど・・・

DSCF2471.jpg
中にもクリームちっくな物が。
おそらくクリームではなさそうだけど。

さっそくかぶりついてもらいます
DSCF2473.jpg
最初は控えめだった食べっぷりも。。。

DSCF2475.jpg
やっぱりがっつきますww

去年もこんな感じだったような・・・

とにもかくにも、今年も無事に一年過ごせますように^^
また年越しそば、食べなきゃイヤよ~♪


トリミングに行けなかったので、昨日行ってきました!!



やっぱり2~3時間カットされると本人も疲れるみたいで
帰ってきたらいつもこんな感じにぐったり><

でもすっきりして良かったね^^
ちょっとはいいとこの坊ちゃんに見えるかも???

流石にこの格好での散歩は寒そうなので
洋服着せまーす^0^

散歩中、急に歩けなくなって何秒かその場から動けなくなったバロン。
DSCF2239.jpg

今回で2回目。
意識もしっかりしてる。
泡も吹かないし、痙攣もしない。
。。。何なんだろう???

そして今日、病院へ連れていくことに。
エコーやらレントゲン、血液検査をしました^^

結局、心臓に雑音が混じっていて、弁が弱ってきているらしい。
3月で12歳、仕方ないよね^^;
人間で言うとほっておくと心筋梗塞になるらしい><

ほっとくよりは薬を投与した方がいいので
お薬を貰ってきて帰宅。
これから薬の生活だけど良くなればいいね^^

動けなくなるのは、発作は発作らしいけど原因不明。
どうやらてんかんではないらしいけど、また頻繁に起きるようなら
薬かなあ??
血液も、貧血などはなく(高血糖は高血糖らしいが><)

とりあえず、長生きしてもらわなきゃだから元気になろうね^^
本人はいたって元気なんだけど、動けなくなるショックからか、
昨日は帰ってきて少々凹んでいましたが・・・

 talys

Author: talys
【生 息 地】 北海道
【潜伏期間】
 2009年7月転勤・・・
 のんびり過ごした 田舎とオサラバ

《趣  味》
  楽器、本・マンガに依存。
  映画鑑賞、スポーツ観戦、
 ライブ参戦。
 ハンドメイド大好き。
 マンガは あだち&井上作品主。
 マンガはなんでも可!
 最近ハマったのはルーキーズ、
 エンジェルハート。
      
《好きな人》
 HOTEI、326(ナカムラミツル)、
 野茂投手、アガシ、中田ヒデ、
 ドリアン助川、伊集院光、oasis、
 Bruce Springsteen、
 オダギリジョー、インパル堤下、
 妻夫木聡、 瑛太、玉木宏、
 ダルビッシュ、土田晃之etc…
      (随時更新っ^^;)

〔家  族〕
 ダーさん(ダンナさん)
 ベビちゃん(オンナノコ)
 バロン(犬:♂)    
 別居の母と兄。

〔厄介なヤツ〕
 20歳になってからの喘息
  (風邪と併発で重症化…)
  最近気になる高血圧。
  (今のところ軽症)

★そ の 他★
 北海道人の性格丸出し、
 日ハムと中日をヒイキに、
 野球をこよなく愛する、
 最近野球ブログにしようか
 本気に悩んでるtalysですw
  最近響いた言葉・・・
   「器用は飽き性」
  まさに自分のことだと思う…

  『熱し易く冷め易い』
  『行列は並びたくない』
           ・・・てな事で-
   当blogへようこそっ☆

※記事と全く関係のないトラバ、
 コメントは削除させていただきます

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
買っちゃう??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。